HOME > 企業情報 > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス体制とコンプライアンスの全体像

経営理念・方針及び行動指針の基盤となるコーポレートガバナンス体制を整備することとします。

マークスHDは、事業子会社を管理・統括する事業兼務会社(持株会社)としてGP全体の繁栄と社会貢献を果たし、企業倫理に則った経営を執行する為の内部統制組織運営を築きます。取締役会はGP各社の経営者で構成し、GPの最高意思決定機関として経営に関する積極的意見交換と迅速なる意思決定を図っていきます。また経営企画とコーポレート部(人事GP・開発GP・経営企画GP)と事業子会社まで重要事項会議及び情報共有を行います。監査についても事業子会社監査まで実施し、業務・会計監査の統括をしていきます。
コーポレートガバナンス体制

Menu

ページトップへ